もう夏も終わりなのに買ってしまった。家にかき氷の機械もないし。でも、埜庵のかき氷は美味しいし、自分でも作れそう。また来年かな?

吉田博は大正・昭和初期の画家。片道切符でアメリカに行って、最初の展覧会で持っていた絵がたくさん売れて、当時の一般人の年収の10倍くらいのお金を手にして、そのお金で4年間くらいアメリカとヨーロッパを巡ってる。すごいバイタリティーだ。

吉田博は版画で有名。版画は買おうと思えば買えてしまうので、画集をみてるとショッピング感覚も楽しめてしまう。

僕の愛読書の日本語アクセント辞典の新しいのが出ていた。語彙数がだいぶ増えてる。でも、巻末の方言アクセント解説みたいなのがなくなってるのが残念。

ここは暗渠かな?と思って「東京時層地図」で昔の地図をチェックするというのが僕の散歩のルーティーンです。

昨年亡くなった加藤典洋さんの軽井沢の別荘がよかった。注文は「みすぼらしい家」にしてほしい、だったらしい。できたのは小さいけど素敵な家。