インドでお腹を壊さない方法(グルガオン編)

ちょうど一年前、出張でインドに行ったら、みごとチーム全員4人がお腹を壊しました。毎食辛いインド料理を食べたのが良くなかったのではないかという仮説のもと、今回の出張では、インド料理は一日一食までというルールにしてみました。昼は会社の社食でインド料理なので、基本夜は、インド料理以外です。

初めに行ったのは「大吉」。zomattoというインド版tablogで予約して行きました。若干薄暗いモールにあって、モールのトイレは鏡がバリバリに割れていたりするのですが、多分安全です。外見は完全に日本の居酒屋。メニューも日本語で、味も日本人が作られてるらしく、安心の味。飲んで食べて、締めにラーメンと担々麺を食べて、一人1500円くらいでした。

IMG_0382IMG_0384

次の日は、くふ楽 (kuuraku)というラーメン屋へ。住宅地の、とても店などなさそうなエリアのマンションの地下にあります。Uberで行ったのですが、迷いました。が、運転手さんが道行く人に Japanese Restaurant? と聞くと、みんな知っているので、無事たどり着きました。大吉でもラーメンを食べて思ったのですが、インドのラーメン屋は麺がよいです。アメリカのラーメン屋より美味しいです。

IMG_0394

最終日は、アメリカ人が最高だと言っていた、インドのタコベル。Cyberhubというオシャレモールにあって、カリフォルニアでみるtaco bellに比べて、圧倒的にオシャレ。タコスの皮がナンのように若干厚めで、とても美味しいです。アメリカでtaco bell食べたことないけど、インドの方が美味しい確信があります。

IMG_0406IMG_0403IMG_0399

あとは、食後にビオフェルミンSを3錠飲めば、完璧。一週間滞在して、全員お腹を壊さずに帰国しました。

夏の四国旅行

8月の終わりに4泊5日で四国を旅行してきました。高知空港から四国に入って、高知市→四万十町→松山の道後温泉→香川を通って→鳴門市→徳島空港から東京に戻る、という駆け足の四国一周旅行でした。以下は、その時のランダムなメモです。

とりあえず高知市に着いて驚いたのは中国人観光客の多さ。日本人より多い。これは、中国からフェリーが高知港に定期的に来るかららしいです。僕が旅行した日は、高知県庁のホームページによると、定員2114名のコスタ・アトランティカ号が寄港したらしいです。看板や店の案内は中国語で表記されていて、中国語を話す店員さんもたくさんいました。すごい。

IMG_6810

高知城。古くて雰囲気の良いお城だけど、歩いて登らないと行けない。暑くて溶けそうだった。真夏の城は大変です。IMG_6789

かの有名な沢田マンションも高知にあります。IMG_6825

道の駅で、自分で藁で焼いたカツオのタタキ作る体験ができます(体験代300円)。写真がうまく撮れなかったですが、天井に届くくらいの炎になります。カツオしかないので、ご飯が食べたかったら持ち込みです。230CFAD2-DD56-4C1B-B6EF-2E7C001097F56D597683-2840-423B-AA84-3EB722BE0687B9B94522-B862-4910-80D1-03EA38DE5CE0.JPG

久礼というところにある、高知屋というお店のトコロテン。かつおだしで、生姜とカボスが効いたスープ。今まで食べていたトコロテンとは別物でした。甘味というより、おかずのような味付けで美味しい。おばあちゃんがやってるお店です。BFEE02D0-3DDF-418E-9292-821382D262F4

四万十川。沈下橋という、欄干のない橋。四万十川は綺麗な川でしたが、気温が高くて、水は生暖かかったです。C4D06D5F-6C20-4115-9026-D7C86E957CD34D8CE485-9CC6-450C-B72A-1830974F5796IMG_6870

海洋堂ホビー館四万十。四万十川の山奥に、廃校になった小学校に作られた、海洋堂の博物館があります。個人的には、海洋堂の創業者の自由なエピソードが楽しかったです。IMG_6849

ABF22824-87CD-425C-8381-BF2240CFDE46

四万十川からずっと北上して、愛媛松山、松山城。ここも暑かったです。8月に城に行ってはいけないというのが、今回の旅行の教訓です。C1B87C51-A341-410C-BA92-67776EA7A0C0

せっかく四国に来たので、讃岐うどん。愛媛から徳島に行く途中の高速を降りると、谷川米穀店が比較的近いです。1DE8C2A7-A2A1-4153-A7FC-CAC6B3DA9ED5

この旅行の本当の目的、大塚美術館。陶器の板に印刷した偽物の世界の名作絵画がある美術館です。急ぎ足でみて3時間とかかかりました。写真はシスティーナ礼拝堂とポンペイの遺跡。0CC78361-1443-46B5-8408-4DF961ED9708E704E9CE-A25E-48B3-A785-595AAD0A3A6E

ホテルは、大塚美術館近くのホテルリッジ。実はこのホテルは大塚製薬傘下で、部屋の冷蔵庫うには、オロナミンC、ファイブミニ、ポカリスエットが入っていて無料です。そもそも、リッジというのは、カリフォルニアのワインにちなんでいるのですが、そのワイナリーも大塚製薬のものです。夕食のときにミネラルウォーターはクリスタルガイザーが無料、それは大塚製薬輸入元だから。大塚製薬強し。ちなみに、このホテルの宿泊チケットふるさと納税もあります(40万円!)。IMG_6934

最後に、鳴門海峡の渦を見に行きました。大潮から1時間おくれたので、可愛らしい渦が。。。39E9AB49-6609-466A-BB8B-AB65DDE8B4B5

Osteria Mozza (シンガポール)で一人ごはん

出張で行ったシンガポール、夜10時の飛行機に乗る前に何か美味しいものを食べようと、同僚に勧められた Osteria Mozza というイタリアンレストランに行ってきました。

予約は当日に、このサイトからしました。タクシーが捕まらなくて30分くらい遅刻しましたが、メールで遅れると伝えたら、温かく迎えてもらえました 🙂

食べたのは、アラカルトで3品。

IMG_7364
アミューズ。トマト味の何か。
IMG_7365
Chargrilled Octopus with potatoes, celery & lemon
シグニチャーdishと言っていた気が。タコとネギで、日本のお祭りの味がしました。
IMG_7366
Caprese of Bufala vine-ripened tomatoes & basil pesto
同僚からは勧められていたブッラータではなくて、ちょっと違うものを食べていたことに今気づいた。でも、普通に美味しかったです。
IMG_7369
Wagyu Beef Tagliata with rucola & Grana Padano
シンガポールに来ても、和牛です 🙂

途中、お前は一人で暇そうだからと、本を貸してくれました。このレストランのオーナーシェフの一人の方が書いたレシピ本でした。

IMG_7368

あと、女性のマネージャーっぽい方も話に来てくれて(一人で暇そうだから?)、去年日本を旅行してレフェルヴェソンスに行ったよ、抹茶を点てるセレモニーがすごかった、最後外まで見送りしてくれて感動した、みたいな話をしてくれました。

ちなみに、オステリアという名前ですが、この3皿とワイン3杯で、300シンガポールドル弱なので、なかなかの高級店です。良いお店でした。

裏磐梯、2泊3日旅行

先週、2泊3日で、福島県の裏磐梯へ行ってきました。裏磐梯は、磐梯山の北側のエリアを指すようです。東京からは、東北新幹線で郡山で1時間半くらい。レンタカーを借りて、裏磐梯まで、1時間とちょっとです。このエリアは、去年のブラタモリで、明治時代に起きた、磐梯山の山体崩壊をテーマに紹介されていました

一番の観光スポットは、五色沼とよばれる、異なる色をした湖沼です。五色といっても、大雑把にいうと、青か緑ですが、それでもなかなか綺麗なものです。

IMG_6433
毘沙門沼(これは緑)
3E9516F8-F140-4507-A65A-EE50B1B011A6
弁天沼(これは青)
IMG_6441
青沼(これも青かな)

あとは、近くに、ダリの作品が沢山所蔵されている、諸橋近代美術館というのがあります。ホームページが dali.jp です。

 

2552197D-3E03-4B82-A1FF-FAF569C317D8.JPG

車があれば、1時間くらいで、喜多方市にラーメンを食べに行ったり、

02AACFD4-C6A9-420A-9147-5D729D175AE2.JPG

会津若松市に、鶴ヶ城を見に行ったりできます。

B120E6A0-5E45-427E-B25D-6940EAD9A38A.JPG

帰りは、郡山でレンタカーを返した後、駅の近くの割烹料理屋さんで一杯飲んで帰りました。東京から来たと言ったら、福島のお酒を出してくれました。どれも美味しかった。

 

(おまけ) 郡山市で見かけた、ドラえもんとドラミちゃん。なんか怖い。

IMG_6593

北海道の浜中町を旅行するなら

浜中町は、北海道の東、厚岸と根室の間にある町です。なぜか、3年連続浜中町を旅行したので、見どころ的なものを。

浜中町は、ルパン三世の作者、モンキー・パンチ先生の出身地。町の至る所に、ルパンの登場人物が現れます。

DSC_0182

IMG_3864(ちなみに、このPub Fujikoは、残念ながらダミーで実際には営業していません)

また、浜中町といえば、酪農が有名です。しかも、高品質な生乳で有名で、ハーゲンダッツの原料につかわれていたりします。

小松牧場は、町の中心部からすぐにある牧場。その場で、牛乳を販売しています。

DSC_0610

DSC_0586

運が良ければ、牛を見せてくれるかも。

DSC_0595DSC_0606

ちなみに、ここの牛乳が美味しいのは、牛は放し飼いされていて、自分たちで裏山に登っていくのですが、そこは海風が直接当たる丘で、ミネラル豊富な牧草をたくさん食べているからだそうです。

DSC_0615

DSC_0614

霧多布湿原も有名で、国の天然記念物に指定されています。

DSC_0200

IMG_3923

湿原について詳しく知りたければ、霧多布湿原センターに行くのもお薦め。

DSC_0191

DSC_0584

(これは、地元の漁師さんが作ったという、ハイレベルな木の玩具)

旅行の締めに、タカナシ乳業工場の側の農協(コープはまなか)で、ここでしか食べられないタカナシ生乳4.0を使ったアイスクリームを食べるのも良いと思います。

IMG_1880

DSC_0208

というわけで、北海道浜中町の紹介でした。

タウシュベツ川橋梁

北海道の上士幌町にあるタウシュベツ橋が崩落しそうで、今年が見納めかもというニュースを見たので、数年前に行った時の写真を貼っておこうと思う。

僕が行ったのは2013年の夏で、NPOひがし大雪自然ガイドセンターというところのツアーで行きました。車でタウシュベツ橋の近くまで連れて行ってもらって、そこから少しだけ歩きます。(ツアーで行くと長靴を貸してもらえます)

DSC_0383DSC_0406

で、肝心の橋は、こんな感じに見えました。

DSC_0403

DSC_0435

湖面にアーチが反射して、円のような形が見えるのは、風が吹いていない時だけです。こういう風景を見たい場合は、風の少ない早朝のツアーがお薦めだそうです。ちなみに、僕が行ったときも、上の写真を撮った直後に風が吹き出して、同じ場所から取った写真は下のようになりました。

DSC_0442

橋は近くから見ると、結構壊れていて、こんな感じでした。冬になると湖面が凍るので、それが橋が傷む原因だと、ガイドさんがおっしゃってました。

DSC_0451

ちなみに、タウシュベツ橋梁は廃線となった士幌線の跡で、ツアーでは、他の廃線跡も回りました。廃線好きの人にはよいかも。

DSC_0462DSC_0469DSC_0479

今年の夏に北海道にいく予定があるなら是非どうぞ。ふるさと納税で、糠平温泉で使えるクーポンもゲットできます。

(おまけ) 糠平温泉の中村屋さんという旅館の駐車場にいた犬。

IMG_3488

盛岡旅行(一日目)

週末家でダラダラしてるくらいならどこか行けばいいのではないかということで、一泊の国内旅行というのを最近始めてみて、今回は盛岡。なぜ盛岡かというと、南部鉄器の鉄瓶を、どういうのを買えばよいかを知りたかったからで、わざわざ盛岡行かなくても分かる気もするけど、家でダラダラしてるくらいなら、ということで。

月曜日に休みを取っていたので、何をするかは後で決めることにして、日曜から一泊で行こうと、金曜日にホテルだけ予約した。土曜日の夜に行った鮨屋で、明日盛岡に旅行なんですけどまだ何するかきめてないんですよー、とか話していたら、何故か今夜は沢山飲ませて明日は行かせない、とかいう流れになって、夜中の3時半まで大将と飲むという羽目になった。鮨屋では6時から飲んでいたので、帰る時点で既に二日酔い気味。朝起きたら、予想通りひどく二日酔い。しかも、予約したホテルが当日キャンセル無料という、行かない誘惑だらけだったのだけれど、大将に負けないという強い気持ちで、午後3時すぎの新幹線で出発した。

ホテルに着いて一服するともう日は暮れていて、二日酔いの名残でそれほど食欲もないという状態。焼肉とかは食べれそうもないので、じゃじゃ麺というのを食べて寝た。

753B0A78-22AE-4CAD-9A24-DC66731058F3