鈴木盛久工房の鉄瓶を買った話

ずっとハリオのケトルをお湯を沸かすのに使っていたのだけど、もうちょっと良いものを使いたいなぁと思っていた。先週、盛岡に旅行をして、南部鉄器のお店を4、5軒まわってきた。その中でも一番いいなぁと思ったのは、鈴木盛久工房というお店。

この工房の鉄瓶はとても人気で、お店に行った時も鉄瓶はほんの少ししか置いてなくて、それも、お客さんに受け渡しをちょっと待ってもらって置いてあるものだったり、自宅で実際に使っていたものを出してきたものだったり、先々代が作った岩手県の著名人のサインがデザインされた鉄瓶だったり、売れるものは一つもなかった。

応対してくれた15代目盛久の熊谷志衣子さんがおっしゃるには、注文してもデザインによっては3年とかは待つことになるらしい。例えば、この果実型鉄瓶はデザイン上、鋳型が一回しか使えないので一度にたくさん作れないとか。これから先、3年ハリオで頑張れる自信がなかったので、その日は、色んな話を伺って栓抜きだけを買って帰った。

FF25CBA4-E8A2-4B92-8FFB-ACE8C401251E

昨日、銀座でお昼ごはんを食べて、なんとなく和光に行ったところ、鈴木盛久工房の鉄瓶が置いてある。どうせ展示だけなんだろうと思って、これは注文してお取り寄せとかですか、と聞いたら、買えますよ、という返事。突然で心の準備ができてなかったけど、今を逃したら当分手に入らないし、他のが欲しくなったら2個目を買えばいいや、ということで、1分くらい迷ったけど購入することにした。

(和光になんとなく行ったというのは正確でなくて、15代目の息子さんのInstagramに和光の建物の写真が出ていたので、展示品があったりするんじゃないかと期待していた。店員さんの話によると、年に2回位入荷するけど、ひとりで何個も買う人もいて、あっという間に売れてしまうらしい。)

こんな立派な木箱に入っていて、

343BACA5-84FA-433D-A62B-89D1BBF5C04C

鉄瓶はこんな感じ。

6CF6FAA6-39F1-4567-B9FA-3094FEA938CA

一日しか使ってなくて、まだ慣らし運転中だけど、とりあえず可愛い。

追記: これもInstagramに書いてあったのですが、この泉紋圓珠形鉄瓶というモデルは鈴木成朗さんが一人で作ってるレアなモデルみたいです。

白木屋の柳の木のまな板を買った

土井善晴さんの「おいしいもののまわり」という本を読んでいて、木のまな板が無性に欲しくなった。いつものようにネットで検索していると直ぐに白木屋さんというところが見つかった。10年かけて作られるというこのサイトの紹介とかを読むとテンションがあがる。

さっそく楽天のこのお店で注文。税込み17,000円。数日で届く。

使い始めて気付いたのは、最高級と書いてあった、ねこ柳のまな板が欲しかったのに、ただの柳のまな板を買ってしまっていたこと。ねこ柳のページに、ふつうの柳が混ざってるとかひどい ٩(′д‵)۶  (ちなみに、このお店では、ねこ柳のまな板は10万円以上のモノしか残っていない!)

2E051A5F-C81F-4431-B330-D06F14C5B6BB

でもまぁ、木のまな板はよいです。食洗機に入れられないのが面倒だけど、使った時の気持ちよさは、プラスチックのまな板とは全然違うのです。

あと、黒ずみ防止とかいうことで、まな板の周りにテープが貼ってあるのだけど、かっこ悪いので外してしまいました(下の写真は、テープが貼ってあった時のもの)。

IMG_5158.jpg

タモリ流ハムエッグ丼

今日の昼ごはんは、ハムエッグ丼。このページを参考に作りました。

作り方は、まずは、ハムと卵を別々に焼いて、

炊きたてのご飯の上に(ちょっとおこげが多かった…)、

千切りキャベツをのせて、

マヨネーズをかけて、

ハムをのせて、

目玉焼きをのせて、

醤油をかけて出来上がり。

本当は、この後、ぐちゃぐちゃに混ぜて食べるんだけど、そこの写真は撮り忘れました。シジミ汁と一緒にいただきました。

ちなみに、土井善晴さんのハムエッグ丼は、キャベツとマヨネーズなしの、素のハムエッグ丼です。ハムと卵を別々に焼くというのは、土井先生レシピです。あと、卵の白身をカリッとなるように焼くのがポイントらしいです。

姫野工作所の行平鍋

行平鍋は厚いのがよいとなにかで読んで、姫野工作所製の行平鍋が無性に欲しくなった。ネットでも買えたけど、実物を見てみたいので、合羽橋の釜浅商店というところに行ってみることにした。ちなみに、釜浅商店の作った姫野工作所行平鍋のプロモーションビデオはとてもかっこいい。

 

釜浅商店は、合羽橋の中ではかなりオシャレなお店で、英語で接客してる外国人の店員さんもいたりして、個人のお客さんでとても賑わっていた。

目的の行平鍋は、家にある有次の同じサイズの行平鍋と比べても、だいぶ無骨な作りで、ずっしりと重い。知らずにネットで買っていたら、びっくりしていたと思う。厚い行平鍋がよいかは、まだよく分からない。