在宅勤務のために買った物

3月から在宅勤務を始めたので、自宅での仕事もすでに6ヶ月目になりました。最初はダイニングテーブルで仕事をしていたので死ぬほど疲れたけど、徐々に物を買ってオフィスにいる時と変わらない環境になったので、何を買ったかをまとめてみようと思います。

全体は上の写真のような感じ。長くなるけど、ひとつひとつ説明していきます。(買ったお店にリンクしてますが、アフィリエイト記事ではありません^^)

最初に買ったのは作業机で、USMハラーのデスクにしました。特にこの机に思い入れがあったわけではないのですが、家の棚をUSMハラーにしているので、統一感を考えてこれにしました。丸の内のUSMショールームに行ったところ、スタンディングデスクもあったのですが、デザイン的にオフィスっぽすぎるなと思ってやめました。3/14に注文したのですが、品物がヨーロッパから送られてくるので1ヶ月かかるということでした。この頃は、1ヶ月後には家で仕事をしなくなって机が無駄になるんじゃないかという心配をしていましたが杞憂でした😅 4/25に予定通り到着したのは素晴らしいです。

次の週に会社を休んで、椅子を買いに行きました。浅草橋にあるワーカホリック(すごい名前)というオフィスチェア専門店で、いろいろなメーカーの椅子を試すことができます。はじめにお店の方に椅子の座り方の基本を教えてもらって、それから自分で好きにいろいろな椅子を試します。正しい座り方を教わってから試座ると、アーロンチェアは肘置きの幅が広くて自分には合わない感じでした。一番しっくりした、Steelcaseのリープチェアーにしました。細かい仕様が選べて(座面の生地のタイプ、色、フレームの種類、等々)、悩んで全部決めた後に、カスタマイズするとアメリカに発注するので2ヶ月くらいかかりますと言われました☺️ リープチェアーには、USモデルとアジアモデルがあるらしく、アジアモデルならば在庫があると言われたのですが、フレームがステンレス製がUSMの机の足とデザインが合っていいなぁと思っていたので、待つことにしました。

ところが、注文した次の日(3/24)にニューヨークがロックダウンされ、椅子は届くのだろうかと心配になってきました。そこで、バックアップとして、同じリープチェアーを中古で買うことにしました。もう座って試す必要はないので、楽天の中古オフィス家具JAWSというお店で、アジアモデルのこれを買いました。下の写真のような感じで、商品は綺麗だったし、全然悪くなかったです。

でも、足のデザインがUSモデルの方がカッコいいのです!

結局、椅子がアメリカから届いたのは8月に入ってからでした。座り心地をこれまでのと比べてみると、座面がけっこう固めでこっちの方が疲れないかもと感じましたが、これがUSモデルとの差なのか、中古と新品の差なのかは分かりませんでした。

(ちなみに、ワーカホリックさんは、発送が遅くなりそうだから代替品を送ってくれるという申し出をメールを送ってくれていたのですが、gmailのスパムボックスに入っていて気付きませんでした。弊社。。)

あと、デザイン優先で選んだ机は僕の短い足には高かったので、足置きも買いました 。(机と肘置きの高さを揃えるとよいと教わりましたが、そうすると足が地面にぴったり着かない!)この足置きとマットは楽天のワーカホリックのお店で買いました。

机の上は、下のような感じです。

モニターは、DELLのU3219Qというのをamazonで買いました。会社の人にモニターは何を買えばいいのと聞いたら、いろいろレビューを読んだ結果DELLにしたと言われたので、レビューをいろいろ読むのは面倒なので、それを信じてDELLにしました。この機種は、キーボード切り替え機の機能がついていて、モニターを電源を繋ぐと、パソコンとはUSB-Cでつなぐだけでいいので、会社のパソコンとプライベートのパソコンの切り替えが便利です。

キーボードは、家にあった大昔(2003年ころ)に買ったHHK Proです。会社に墨のHHKを置いてきてしまったので、色はちょっと合わないのですが、我慢して使ってます。最新のHHKにすればBluetoohでケーブル周りもすっきりするかも。

トラックパッドは職場でも使っているAppleのMagic Trackpad 2を買いました。マウスのホイールとトラックパッドのスクロール方向が逆という、まぁまぁどうでもいい問題を解決するために、しばらく前からデスクトップでもトラックパッドを使うようにしています。

ビデオ会議用のカメラは、はじめはMacのものを使っていたのですが、会議のときに常に横を向いているのは疲れるので、webcamが必要だなと思い始めました。会議の時にビデオの画質がよい同僚に何を使っているか聞いたら、Sonyの古いデジカメをCam Linkというhdmi to USB converterに繋いでいるということで真似してみました。カメラは使われずに眠っていたSonyのRX100 M3を使っています。RX100は、hdmi出力にしていてもタイムアウトしないし、本体も熱くならなくて、webcam化に向いているデジカメでした。三脚はベルボンのSherpa 445というのを買いました。ちなみに、Cam LinkはモニタのUSB hub経由だと動作しなかったので、macに直接繋いでいます。ケーブルが2本になってしまってちょっと残念。

ちなみに、その前にamazonでロジクールの新商品(StreamCam C980GR)を注文していたのですが、2度発送が延期されて、結局届いたのは2ヶ月後でした。動作確認だけして使ってません。もったいない。やっぱり画質はデジカメの方が断然よりですね。

マイクは、Jabra SPEAK 510というスピーカーフォンを買いました。なんとなく大きなコンデンサマイクを買う気になれなかったので、会社の会議室で使われているのと同じメーカーのものを買って、ノスタルジーを感じてみました。基本的に普通のUSBスピーカーフォンなのですが、ボリューム上下のハードウェアボタンがあるのが何気に便利です。最もよく使うmuteのボタンもあるのですが、会社の多くの会議ではunmuteが「これから発言します」という意思表示として使われているので、ビデオ会議のUIに反映されないmuteボタンはあんまり役に立ちません。残念。

その他、購入した細々したものは、、

  • Anker PowerWave 10 Stand: iPhoneを置いて常に充電しています。
  • Anker PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ: USB充電用hubです。コンセントからは、これとモニター用の電源ケーブルの2本だけになっています。
  • BoYata ノートパソコンスタンド: ダイニングテーブルで仕事していた時に、ノートパソコンの画面の位置を高くするために買いました。現在Macは、カレンダーを常に表示しておく、次のミーティング確認デバイスになっています。
  • らいおんおどうぐばこ: ここに細々とした文房具なんかを入れています。キャスターは要らないかなと。
  • 手帳。会社での会議ではポストイットによくメモを取っていたのですが、その代わりに手帳を使っています。やっぱり紙とペンは便利です。
  • iPad & apple pencil: JamboardのiPadアプリでざっくりと考えをまとめて人に見せるというのを2回くらいやりました。まぁまぁ便利。iPadは元々はあって、Pencilだけ買いました。

(おまけ) ビデオ会議の背景に何もないと無味乾燥で寂しいので、絵と彫刻を移動してきました。絵は三浦友萌さん、彫刻は手嶋大輔さんの作品です。

私はこうやってGoogleに入った (ソフトウェアエンジニア、中途採用編)

(人にお願いするだけじゃなくて自分も貢献しろよということで昔話を書いてみました。kazawaフォーマットに従っています。)

学生時代

大学は、東大の計数工学科の計測コースというところでした。プログラミングは、課題をやったり卒論を書いたりするのにCを、バージョン管理には助手さんに教えてもらったRCS(CVSの前身?)を使っていました。みんなと一緒に修士まで行きましたが、研究者になるようなタイプでなかったので博士には進みませんでした。大学(特に計数工学科)で学んだことは今でもいろいろと役立っているなぁと思って感謝してますが、当時Googleを受けていたら120%落ちていたと思います 🙂

前職

ソニーに新卒で入社して、2000年から2007年までの8年間働いていました。前半は研究所(しかし論文とかは書かない)、後半はテレビ事業部にいました。

プログラミングの経験

いわゆる(当時の)標準的な開発スタイルというのはソニーで学びました。言語はC++、もちろんunit testとかも書きました。(そういえば、当時はUMLやデザインパターンをよく使っていましたが、これはGoogleでは全く見かけないものの一つですね。)

Googleの入社に関して役立ったと思うのは、テレビ事業部での数年間です。テレビは組み込み系の開発だったので、下回りのことを気にしないといけないことがあって、コンパイルしたあとの効率がどれくらいなのかをアセンブラ読んで確認したりしていたり、事情があって、Linkers & Loadersを読んだりもしました。パタヘネ本を読んだりもして、コンピュータサイエンスを専攻していたら学んでいただろうことを仕事を通して学んだ感じです。アセンブラといえば、CELLで開発をする機会が数ヶ月だけあったので、あの謎アーキテクチャ上のコードを書いたりもしました。

英語

英語は受験勉強で身につけたので、会話をする機会は全然なく、初めて実際に英語を使ったのは卒業旅行でイタリアに行ったときでした。意外と通じるんだなと感心しました。ソニーの入社直後に受けたTOEICは700点台後半くらいでした。

その後、ソニーで仕事をする中で英語を使う機会に恵まれて、英語でメールを書いたり、それなりに会話ができるようになりました。入社数年して異動した小さな研究所が日本人と外国人のミックスで、英語をたくさん使ったのがためになりました。TOEICは975(?)くらいまで上がったと思います。

面接の準備

ソニーのテレビ時代の同僚がGoogle Japanに受かったので、オフィス見学をさせてもらったら、流れで面接を受けることになりました。面接まで1ヶ月くらい時間があったので、なにか準備をしなくてはと思って何冊か本を買いました。「珠玉のプログラミング」と、データ構造とアルゴリズムの本(名前を忘れてしまったのですが上下に分かれていた)を買いました。結局どちらも途中までしか読めませんでした。あと、どんなことを聞かれるかわかっていなかったので、パタヘネを読み返してみたり、TCP/IP入門みたいな本を読んでみたりしました(特に役に立たず)。

面接中

当時は、電話面接のあとに、オフィスでのインタビューが2回という形式でした。今後の勉強のためにも、オフィスでの面接をぜひ経験してみたかったので、電話面接を通ったときはうれしかったです。

面接自体は、かなりしょぼしょぼな感じだったはずで、よく通ったなと正直思います。バケットソートを知らなくて、面接中にヒントをもらって “思いついて”、へーこんな方法があるんだ、と感心したり、bigramとtri-gramが出てくる問題で、bigramってなんですか?って聞いたりしたのを憶えています。

ちなみに、6回のインタビューのうち2つが英語インタビューでした(入社後ふたりとも日本語が話せる人だというのを知りましたが面接中は隠されていた)。

面接後

上にも書いたとおり、あまり受かる気がしてなかったので、オファーが出たときはちょっとびっくりしました。所属チームを決めるためのアンケートみたいなのに、得意分野として、大規模データ処理、自然言語処理、とかが並んでいて、選べる項目が一つもないよ!と思ったりしました。

ちなみに、ソニーのときの給料がちょうど1000万円くらいで、Googleのオファーもほぼ同じでした。給料減らないからまぁいいか、と思ったのを憶えています。

おしまい。

英語でメールを書く時に気をつけていること

英語でメールの返事を書くときは、常に”Thanks for”で書き始めるくらいがいいんじゃないかと思っています。「ありがとう」は、世界共通で感じがよいので。

情報共有系のメールだったら

Thanks for sharing.

とか言っておけばよいし、ステータスアップデートだったら、

Thanks for the update.

知らないひとから問い合わせがあったときは、

Thanks for reaching out.

ちょっと難しい質問や疑問でも、

Thanks for asking!

こちらの問題点に対する指摘だったら、

Thanks for raising this.

とか

Thanks for pointing it out.

メールのスレッドに、話がいろいろ進んであとで追加されたら、

Thanks for looping me in.

なんかよく分からないけど、とりあえず返事が来たときは、

Thanks for the reply.

とか

Thanks for getting back to me.

 

もちろん、これで仕事がうまくいくかは保証しません。